外国人男性を探す婚活をする前に心がけたい3つのこと

公開日: : 外国人との男女交際

AD

「恋人が欲しいって思ってない時にそういう人はみつかる。」私たちはみな聞いたことがあることでしょう。ある人たちはこの言葉を信じていますが、あとの人たちはこの言葉がどんなにばかげていて非論理的かそう感じていることでしょう。めんどくさがらなければ車の鍵なんてすぐ見つかりますし、靴下のペアだって同じです。変に努力しないでいたら自然と結果は出ることになります。

人は生きている限り、運命の人になりうる人との出会いは偶然ではありません。
いかにして、運命の人を探しているわけでもないのに、そのようなパートナーに人は巡り合うのでしょうか?

もちろん自分から運命の人を見つけることと受身で見つけるのには違いはあります。街に遊びに行ったり、バーに行き、積極的に誰かを探すことは、全く何もしないでいるよりいい巡り合いを得られるでしょう。でも、頑張って探すのは疲れますし、主体的であろうと、受け身であろうと、私たちの人生の中で出会える人のほとんどは運によるものです。

大事なことは、運命の人を探すためにたくさんの時間を割くことではなくて、むしろ一度、誰かを愛する事に価値があると知ることでしょう。

親友を見つけなさい

人はどのようにして恋に落ちるのでしょうか。私たちは自分を最も幸せにできる人のタイプを理解しなければならないでしょう。つい先日、読者の一人が私のもとへ連絡をしてくれたので、会うことになりました。私は彼女に「異性に求める事は何?」と聞き、彼女の答えはいたってシンプルなものでした。「私は親友を探しているの」。

私たちが人生を一緒に過ごしたいと思う人、それは、今後の人生を一緒に過ごすであろう人と家庭を築き、苦楽を共に支え合う人、つまり、 ともに面倒な事に関わってくれる、探検してくれる、情熱を理解してくれる人でしょう。

探すべき人は役割としての夫や妻でなはく、つらい時も一緒にいてくれる人です。人生は面白いものにするべきです。もしまだそう感じていないのなら、なにか間違った事をしているのかもしれません。

運命の人はパートナーのような人かもしれない

新しい友人が、1週間の療養をした時のことを私に話してくれました。

バイクで思い切り丘を駆け上がったときが、一番気分がすっきりするらしく、その時に自分自身がどんな人間かを理解したそうです。

我先に突っ走ってしまう、情熱的で、競争心が高いそんな性格なのだと彼女は気づき、自分のパートナーにもお互い競い合える、そんな人をパートナーにしたいと話したくれました。

彼女に関していうならば、自分についていけるだけではなく、彼女を追い込み、限界を彼女はどこまでできるのか、彼女自身をより向上するように励ます事のできる人を必要としています。
人生は山あり谷あり、だから、単純にはいかないものです。私たちは成功と失敗、幸運と不運を経験します。人生はいつも喜ばしいものとは限らないですし、簡単なものでもありません。もしパートナーを見つける運命にあるのならば、自分の人生を複雑にしたり難しくする人ではなくて、目標や夢に集中させてくれる人であるべきで、私たちが地に足がつかないと感じるときに一緒にいて手を取ってくれる人のことでしょう。

お互いの世界を知る

ある人はものすごい速度で出来事が駆け巡る人生を好み、その反対に、ゆったりとした人生を好む人もいるでしょう。ある人は本当に競争的でまた度胸で人生を掴み取ることに熱心的であり、また自分の意志に関わらず静かで美しい人生ををただ手に入れたいだけの人もいることでしょう。

AD

世の中には、簡単にこれは正しい、これは間違っていると判断できるわけではありません。自分にとって正しい人は、あなたと同じような世界を見ている人のことでしょう。

人は自分とは正反対の人にというものに魅力を感じるかもしれないが、それらは長くは続きません。もしパートナーと少なくとも一つでも同じような価値観を共有できないのであれば、喧嘩やストレスが仮になかったとしても、それらの関係は上手くはいかないことでしょう。自分の人生を共有するためには、自分の心とパートナーの心の中に存在するお互いの価値観を共有し合うことです。

しかし、もしお互いが似過ぎているならば、それは良いとは言えず、むしろ、退屈でしょう。

現実世界で自分の運命の人を探すのは可能ですが、自分の視野を広げ、現実世界の一部に自分が晒さらされているものだと認識する必要はあります。要するに、愛する人を見つけることは、ほかの状況においても自分が何をみつけるべきなのかがわかるのと同じようにあなた自身を理解することであります。もし自分自身を理解していないならば、自分なりの愛し方を知らいなということでしょう。それは恐れたほうが良いでしょう。

さて、外国人の男性と出会いたい、友達がほしいという方は、海外移住者専用のSNS、Internations(http://www.internations.org)に参加してみてはどうでしょうか?

基本的に海外で生活している外国人はエリート層が多く、彼らはビジネス上の人脈や社交の場をもとめています。

このSNSは世界各都市にメンバーがいるSNSで、通常のSNSと同じようにネット上で交流が楽しめるほか、オフィシャルな交流パーティーが月に1度ほどあり、外国人との交流がオフラインでも楽しめます。

私も何回か参加しましたが、このパーティーには多くの欧米人のビジネスマンや弁護士といった富裕層の参加者も多いです。

アメリカではたいていの大都市では開催されています。ヨーロッパ諸国でも、必ず首都では開催されています。ドイツやフランスといった国ではちょっと大きな街なら開催されていますね。

日本では東京や大阪、名古屋でパーティーが開かれています。もちろん多くの日本人もメンバーになっていますし、SNSには無料で参加できます。(パーティーは有料です。参加費はだいたい1000円くらいです。)

私もベトナムのホーチミンでの交流パーティーに参加しました。その様子はこの記事を参考ください。

月に1回開催されているので、クリスマスパーティーもあります。
英会話の練習と出会いを求めて、外国人と友達になれる海外SNSのクリスマスパーティーに参加した

Internations(http://www.internations.org)にはどんな機能やメリットがあるの?という方は下の記事をどうぞ
外国人との出会いの機会や友達がほしい方に。海外移住者専用SNSのInternationsとは

AD

関連記事

8761110856_d1f258fc9c_z

年上でお金持ちのアメリカ人男性とつきあうということ

アメリカ人男性とおつきあいするとなると、年上、そしてお金持ちの男性とおつきあいすることもあるでしょう

記事を読む

interracialcouple

白人でない女性が白人男性とつきあったら

アメリカ人やヨーロッパの男性とつきあうとき、彼らが白人以外の女性を彼女にしていることについてどう感じ

記事を読む

studyabroad

海外留学中の恋愛でおこったトラブル事例

外国に行き、男女交際をする人は多いのですが、いろいろと奇妙なことやトラブルも起こります。 今回

記事を読む

latina women

一度はラテンアメリカ、南米の女性とつきあう、デートすべき理由

今年、2016年はブラジルのリオデジャネイロでオリンピックが開催されますので、オリンピックを見にブラ

記事を読む

14057126942_33e5fc0eda_z

アメリカ人は電話とメッセージではどちらがロマンチックと考えているか

女性と友達になったり、おつきあいしたりすると、電話やメッセージをやりとりすることが増えますよね。

記事を読む

4444205701_d5ec405623_o

アメリカ人女性がそれほど好きでもない男とデートする11の理由

気になった女性をデートに誘いだしたときなどは、平静を装っていても、内心はあまりのうれしさでその日の夜

記事を読む

businessman

外国人男性のエリートビジネスマンとつきあう、振り向かせる6つの方法

どこの国にも外国人はいますが、おおむね3種類くらいにわかれます。国にもよりますが。。 1番多い

記事を読む

9395228324_036aa68eab_o

アメリカ女性がネットでの出会いを求める5つの理由

日本でもネットで出会って交際するという人は増えてきているようですが、アメリカではネットで出会ってデー

記事を読む

5375964515_a5cba368e6_z

留学のときの遠距離恋愛のメリットとデメリット

恋人がいる方にとって、留学をする際遠距離恋愛をするか、それとも行く前に別れてしまうのかという重大な選

記事を読む

1851726585_d025cfb446_z

カナダ人男性とつきあうべき13の理由。女性にはいいことずくめ

強くてたくましい。アメリカ人に似ているけど全く違う。カナダ人男性は魅力たっぷりです。カナダ人男性はと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP ↑