海外ドラマ「アメリカンクライム」レビュー・ネタバレ

公開日: : アメリカのドラマ

AD

「アメリカン・クライム」は、作品が2006年にアナウンスされ、当時のインディアナ警察では大きな話題でした。

シルビア・ライケンスが虐待され殺された事件は、今もまだ市内では最も悪名高い犯罪であり、多くの書籍、雑誌、記事、さらには他の映画の主題となってきました。

アメリカン・クライムがリリースされた同じ年に、「ガール・ネクスト・ドア」が出ました。

名前が変更され、ホラー映画寄りですが、明らかにライケンスの事件に基づいています。

1965年、16歳の少女が数週間の間に、殴られ、飢餓状態におかれ、燃やされ、性的暴行を受け、拘束されました。

おまけに、 「私は売春婦、それを誇りに思っています。」という言葉が彼女のお腹に焼いた針で烙印されていました。

恐ろしいことに、これらの卑劣な行為の多くは、近所の子供たちによって実行されました。

わがままで悪い子に課せられた手の込んだ”罰”に参加していると信じる近所の子どもたちによってです。

映画の作成がローカルニュースになりました。

映画評論家ボニーブリトンによって、インディアナ警察のためのA級ストーリーだと報じられました。

しかし、インディアナ警察ということで明示的に設定し、トミーオヘイヴァー監督によって指示されているにもかかわらず、経済的理由のために別の場所で撮影されたということでした。

(インディアナ州は、フィルムインセンティブを持っていますが、同じようにインセンティブをオファーするほかの州のなかでも最も低いものです。)

「アメリカン・クライム」は悪名名高い事件を描写したため、ジュノで大ブレイクしたエレン・ペイジが主演にもかかわらず、劇場公開ができませんでした。

さらにインディーズ映画のクイーンであるキャサリン・キーナーや、ジェームズ・フランコ、ブラッドリー・ウィットフォード、マイケル・オキーフのような俳優についても言及されませんでした。

私はこの映画は不備があると思いますが、テレビデビュー以上を保証するのには十分な品質です。

映画の評判の理由は、シルビアに対する暴行を指揮し、その死の責任を問われた世話人ガートルード・バニシェフスキーの描写です。

ボニーは、ガーティーに共感していると述べたのを私は覚えています。

インディアナポリスでは、人がバニシェフスキーに同情していると言うことは、スターリンがお尻を叩くと言うのと似ています。

「アメリカン・クライム」はバニシェフスキーを擁護を呼び掛けているはずもないが、彼女の行動についてフェミニストの擁護があるかもしれません。

映画は、彼女を男達による虐待の被害者として描写しています。

描写はまた、”モンスター”におけるアイリーン・ウォーノスのシャーリーズ・セロンの描写 を彷彿とさせます。この映画は子供の手袋をはめた女性殺しの告発を描いたものです。

ここでの同一テーマは、女性がずっと経験するが発信されない虐待のサイクルです。

AD

私はガートルード・バニシェフスキーとしてキャサリン・キーナーを起用したキャスティングについて何かを言わなければなりません。

古典的なハリウッド美女ではないですが、キーナーは目が優しくて綺麗です。

それは服装や紙がぼさぼさでほとんど化粧もしなかった映画の間でさえも。

実物のガートルード・バニシェフスキーは、あなたが今までに見た中で最も醜い生き物です。

あなたがもし彼女のイメージをGoogle検索したら、彼女の出廷のためにおめかししているときですら、恐ろしい風貌だということがわかるでしょう。

私はハリウッドの見当違いで俗受けする映画製作はどこかに行ってしまったと思っています。

このようなよく知られた犯罪に対する映画作成者のアプローチの問題点は、

オヘイヴィアーはアイリーン・ターナーと法廷記録に基づいて共同で執筆しているが、

言葉にできない行為を理解するのは大変困難なことです。

聴衆はスクリーンの中の登場人物に結びつけることができないのです。

シルビアの拷問の大部分は、他の子供たちの手によるものです。

バニシェフスキーのキャラクターにより大きく焦点を当てた代わりに、映画はシルビア・ライケンスを現実感のない無い記号のような地位に追いやりました。

彼女は単に虐待の器です。

ページによって演じられるように、シルビアはよく教会に行く女の子です。

でも、バニシェフスキーの長女のポーラが広めた噂で責められます。

シルビアと彼女の妹ジェニーはガーティーの世話になり続けます。

シルビアは、タバコで彼女の腕が焼かれるほど罰がエスカレートたとしても抗いません。

そして虐待はひどくなっていきます。

彼女はもはや人ではありませんでした。

虐待を受ける器、物のような扱いだったのです。

彼女が無実で何か悪事の濡れ衣で責められた時、なぜ抵抗しなかったのか、私たちは決して理解できません。

「アメリカン・クライム」は、一つの注目すべき効果を発揮しました。

東ニューヨークストリート3850番地の殺人が行われた家は、ほとんどの時間空き家でしたが映画のタイトルが広まったころ、世間の関心が新しくなりました。
家屋荒らしや窃盗犯が侵入したのです。建物は傾き最終的に昨年取り壊されました。

さて、U-NEXTは、海外ドラマや映画をテレビやパソコン、タブレット、スマホで見られるビデオオンデマンドサービスで、韓流ドラマのラインナップでは日本最大級です。

今なら1か月も無料でお試し視聴できます。



AD

関連記事

House_of_Cards,_season_3,_promo_image

海外ドラマ「ハウスオブカード」シーズン3 ネタバレ、レビュー

海外ドラマ「ハウスオブカード」シーズン4はU-NEXTでやっていますが、シーズン3はHuluでやって

記事を読む

House-of-cards

海外ドラマ「ハウスオブカード」シーズン4 ネタバレ、レビュー

U-NEXTで放送中の海外ドラマ、ハウスオブカードのレビューをご紹介します。 そこで、この

記事を読む

showposter

海外ドラマ「ボディオブプルーフ(死体の証言)」シーズン1、評価・レビュー

U-NEXTで放送中の海外ドラマ、アウトランダー、シーズン1のレビューをご紹介します。 みんな

記事を読む

white-collar

海外ドラマ「ホワイトカラー」ネタバレ、レビュー

TVドラマ「ホワイトカラー」について紹介しますが、このドラマ、「表面上」は、何かこれと言って特別なこ

記事を読む

7d59c5247ea9fd8470fe88878668d42bf3f6a9d73e8caf1e64f539fc6bab4412

海外ドラマ「シカゴファイア」ネタバレ・レビュー

 消防士と救急救命士のドラマを描いた「 Chicago Fire/シカゴ ファイヤ」のプロデューサー

記事を読む

Reign

海外ドラマ「クイーンメアリー」ネタバレ、レビュー 

NHKでまもなくはじまるドラマ「クイーンメアリー」のネタバレ、レビューです。 “今日はたくさん

記事を読む

12_sns

海外ドラマ「12モンキーズ」ネタバレ、レビュー

U-NEXTで放送中の海外ドラマ、12モンキーズのネタバレ、レビューをご紹介します。 長編映画

記事を読む

banshees4

海外ドラマ「バンシー」ネタバレ、レビュー

Hulu限定の海外ドラマ、バンシーの評価・レビューです。 新しいCinemaxのシリーズ、「バ

記事を読む

outlanderseason2

海外ドラマ「アウトランダー」シーズン2、ネタバレ・レビュー

性的だけど勇気が出る「アウトランダー」と「ガールフレンドエクスペリエンス」 恐らくあなた方は、

記事を読む

the_flash_season_2_poster_-_premieres_tonight

海外ドラマ「FLASH/フラッシュ、シーズン2」ネタバレ、レビュー

U-NEXTで放送中の海外ドラマ、フラッシュ、シーズン2のネタバレ、レビューをご紹介します。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP ↑