海外ドラマ「ザ・パス(THE PATH)ネタバレ、レビュー

公開日: : アメリカのドラマ

AD

Hulu限定の海外ドラマ、ザ・パス(THE PATH)の評価・レビューです。

新興宗教団体の奇妙な出来事。初めてこの新興宗教団体に接するとき、いわゆる典型的なカルトっぽくないなと感じるでしょう。

宗教のグループや活動はおおらかで寛大で受け入れやすそうに見えるものです。そうやって惹きつけてあなたを夢中にさせてしまいます。

そう、「ザ・パス」もまさにあなたを罠にはめようとしています。この数ヶ月のうちにHuluの策略にまんまとはまってしまうでしょう。

海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

主演は魅力と才能に溢れたアーロン・ポール、ミシェル・モナハンとヒュー・ダンシーの3人組。

「ザ・パス 」はどことなく「フライデーナイトライツ」と同じような手法で始まります。これは偶然ではありません。

というのも、どちらもジェイソン・ケイティムズが製作総指揮を務めているからです。北東部の小さなコミュニティを舞台に、レーン一家を通じて、徐々にマイヤリズム(Meyerism)の奇妙さと独自性が見て取れるようになるでしょう。

苦しかった過去を持つエディ(アーロン・ポール)とマイヤリスト(Meyerist)の家庭に生まれ育ったサラは、カルトではなく、あくまでムーブメント(活動)だと主張して二人の子供を育てようとしています。( 「カルト」について、このシリーズでは「アウトサイダー(Outsider)」や 「受容者(receptives)」という名前をつけています)

彼らは隠喩としての「はしご(ladder)」に登ることで「光」を見つけ、生きようとする、穏やかで合理的な愛情深い人々です。

さて、「フライデーナイトライツ」のフットボールコーチとテキサス州ディロンの彼の家族を探っているように感じるかもしれませんが、「フライデーナイトライツ」と「ザ・パス」、どちらの番組もあなたが以前会ったことがあるように感じさせる演出方法がとられています。

自然光や人が住んでいる環境、構成から登場人物、ひいては危険信号が作動するときまで、すべてにおいて信ぴょう性を増すのに一役買っています。

家は、壁に掛かっている不吉な木製の黄金の眼以外は正常に見えるし、集会は入り口を「守る」以外は、教会の礼拝のように感じます。

人々は、窓のない部屋にあなたを閉じ込めて、ドアに鍵をかけてしまうまではかなりいい人そうです。

「ザ・パス」の製作以前に、ジェイソン・ケイティムズと「Parenthood」に取り組んだジェシカ・ゴールドバーグは、視聴者を「受容者」として扱っています。

海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

ここでいう「受容者」は、純粋な好奇心で「ザ・パス」をチラ見した人々や、今後ハマりそうな人々のことです。第1話は確実に今シーズン最大の物語を仕掛けています。

主に3人の主人公の間の複雑な三角関係や力関係といったストーリーです。初心者にとって、初めのうちは話を理解するのは難しいかもしれません。

しかし一度わかってしまったら最後、もう夢中になっていることでしょう。

たとえそうなりたくなくても。レビュー用に提供された第一シーズン全話に基づくと、「ザ・パス」は、実に巧妙に作られています。

美しいショットや完璧な演技は、Huluが過剰ともいえる広告を打ち出す価値があるのでしょう。しかしそれ以上にすごいのは、「ザ・パス」が最近見た中ではどの番組よりも直接的で、信仰の問題に向き合ったシリーズになっていることなのです。

AD

ほとんどの番組で長所も短所も含めて正直に宗教について議論する図太さなど持っていません。ジェイソン・ケイティムズも、より精神的な議論を組み込む実力があるにもかかわらず、彼が手がけた過去の番組は、主に政治的な影響について述べているにすぎません。

(「フライデーナイトライツ」のシーズン4でのタミ・テイラーのカウンセリングのように)

「ザ・パス」は、宗教を受け入れ、持続的で良くすることに関心があります。ここに新たな1時間ドラマの本当の素晴らしさがあるのです。

ムーブメント参加者は明らかにいろいろと極端で誤った方向に導かれているにもかかわらず、ムーブメントの実際の活動は他の宗教活動のように、純粋で正直で生産的です。

ジェシカ・ゴールドバーグのシリーズは、単にカルトに教え込まれることを見せるのではなく、信仰が崩壊したとき、人はどのようにもなり得るということを見せようとしているのです。

ジェシカ・ゴールドバーグは初期のインタビューで、「ザ・パス」はサイエントロジーに関するものではなく、公平を期すため、構想は独自のもので新しく、完全に作られた宗教だと主張しています。

しかし、このマイヤリズムと世界で最も危険なカルトの一つとして認識されている例のムーブメントはよく似ているという印象を受けます。

海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

それでもムーブメントの様々な解釈は、3つの中心文字で例示したように、彼らの背景がどのようなものであれ、視聴者に既成の宗教への先入観に疑問をもたせるべきなのでしょう。

敬虔な信者ならカル(ヒュー・ダンシー)、サラ、エディーが並行してトラブルに巻き込まれ、それぞれが身につけたことを実践する様子がわかるでしょう。

非信者なら、少し厳しい環境下で似たような統制から生まれた可能性が、いかにすばらしいものなのか気づくかもしれません。

ヒュー・ダンシーは、操る者と失われた信者間の規則を守らせるのに特に有効です。

彼はカルという役はいくつもの層が重なっている人物だと気づき、新興宗教団体のリーダーとして、決して信用ならないけれど、混乱や騒乱を憎む面を持つ悪役像を作り上げました。

後のエピソードで、カルの影響力に陰りが見られ、成功というには程遠いけれど、それでも徹底的に探求する姿が見られます。

海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

カルという役に中毒性をもたらすため、神秘的なオーラをまとい続けます。

前述したものと、実際に配信される番組の内容が同じでない場合があります。

Huluは過去の指針に沿って「ザ・パス」を毎週配信することにしましたが、シリーズの即時公開に支障が出ることがあるかもしれません。

通常は規約により、放送系列が信仰について語らないという理由があり、もし最初の2話の後で視聴者がなんらかの不安や不快さを感じたらシリーズを敬遠するかもしれません。

私はみなさんに最後まで見るようにお勧めします。これはもはや一つのカルトです。結局のところ実際にお金を払うのですから。

AD

関連記事

600x600bb-85

海外ドラマ「ARROW(アロー)」 シーズン4 レビュー

U-NEXTで放送中の海外ドラマ、「アロー」シーズン4のネタバレ、レビューをご紹介します。 A

記事を読む

20140722042235

海外ドラマ「オールモスト・ヒューマン」ネタバレ、レビュー

もしあなたが未来のヒーローの物語を探しているなら、カール・アーバンがきっとそれにあたるでしょう。

記事を読む

133-350x495

海外ドラマ「理想の夫婦の別れ方」ネタバレ、レビュー

Hulu限定の海外ドラマ、ザ・パス(THE PATH)の評価・レビューです。 「理想の夫婦の別

記事を読む

4106741af3d59155a32593417daa14ac

海外ドラマ「 DALLAS / スキャンダラス・シティ (シーズン2) 」ネタバレ、あらすじ、感想、レビュー

TNTが再始動させた有名な夜の連続ドラマ「ダラス」2.0の最初の2つのエピソードは、2ndシーズンの

記事を読む

white-collar

海外ドラマ「ホワイトカラー」ネタバレ、レビュー

TVドラマ「ホワイトカラー」について紹介しますが、このドラマ、「表面上」は、何かこれと言って特別なこ

記事を読む

banshees4

海外ドラマ「バンシー」ネタバレ、レビュー

Hulu限定の海外ドラマ、バンシーの評価・レビューです。 新しいCinemaxのシリーズ、「バ

記事を読む

o0500037510229331973

海外ドラマ「スーパーナチュラル」レビュー、ネタバレ

U-NEXTで放送中の海外ドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル」のネタバレ、レビューをご紹

記事を読む

10406-_sx360_ql80_ttd_

海外ドラマ「Xファイル」シーズン10、レビュー、ネタバレ

アメリカのフォックス放送により、Xーファイルファンが待ちに待った待望のシーズン10が全6話で復活しま

記事を読む

hqdefault

海外ドラマ「ゴールデン・ボーイ NYPDルーキー捜査」ネタバレ、レビュー

セオ・ジェームスが7年後にニューヨーク警察局長になる若い刑事を演じます ライターにとって1度目

記事を読む

img_carrie

海外ドラマ「マンハッタンに恋をして」ネタバレ、レビュー

U-NEXTで放送中の海外ドラマ、フラッシュ、シーズン2のネタバレ、レビューをご紹介します。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP ↑