リーマンショックを経験したアメリカ人の消費行動の変化

公開日: : 最終更新日:2015/09/07 アメリカのショッピング

AD

リーマンショック以前は、アメリカ人といえば、あまり貯金をせず、気に入ったものがあったらどんどん買い物するという国民性だったことはよく知られています。

その結果、サブプライムローンという、低所得者でも借りられるローンが発達し、それが行き詰って、株価や住宅価格が暴落したのがリーマンショックでした。

あれからほぼ8年が経過し、アメリカは好景気となりました。それに伴って再び、アメリカ人はお金を使うようになっています。

しかし、リーマンショックを経験したアメリカ人は、それ以前と消費行動を変えています。どのように変わったのでしょうか。
Americans spending again but ‘value’ still reigns

マスターカードの市場分析の担当者によると、アメリカ人は、「思い出」に残るものにお金を使うようになったと述べています。
思い出は一生残るからです。

また、デパートのMacy’sのCEOは、リーマンショック後のアメリカ人の消費行動について、次のように述べています。

「アメリカ人は、自動車、家、ヘルスケア、そしてアプリにお金を使うようになった。私たちの店にも若干お客さんがもどっているが、以前ほどお金を使ってくれない」

Macy’sをはじめ、アメリカのデパートには逆風が吹いています。マスターカードによると、デパートでアメリカ人の消費者が使うお金は2011年から7.7%も減少しています。

アメリカ人は「経験」にお金を使うようになり、デパートの主力商品である洋服にはあまりお金を使わなくなったのです。

10年以上前、アメリカ人は消費金額の3.5%以上を洋服に使っていました。しかし、この10年間で最もお金を使わなくなったのが洋服です。

これは、アメリカ人が洋服をまったく買わなくなったということではなく、職場での服装のルール、ドレスコードが厳格でなくなり、そのため、高い洋服を必要としなくなったということが原因として挙げられます。

AD

また、デパートへの来店頻度も減っているとのことです。

アメリカの最近の洋服のトレンドとして、消費者はよりユニークなものを求めるようになり、どうしても品揃えが画一化しがちなデパートではなく、個性的な品物を売っている地元の小さな洋服店がその恩恵を受けているとのことです。

マスターカードの調査でも、売り上げ規模の小さなお店の成長が、ここ数年著しいと指摘しています。

また、レジャー旅行や、外食、イベントへの参加についての消費金額が増えている傾向があります。

アメリカ人は2014年8千億円旅行に使いました。2011年以来、旅行業界の売上は高い増加率で増えており、4年前と比較して14.5%も増加しているとのことです。

エアラインはこの恩恵を受けており、ホテルでは、Airbnbのようなベンチャーが従来型のホテルチェーンのシェアを奪っています。

そして、最も成長度が高いのがレストラン業界です。売上増大とともに、上場するレストランも増えています。

これは旅行ブームも貢献しています。旅行者はまず外食をし、次にショッピングに行くのです。

このような「体験型消費」ブームにより、会員制クラブやスポーツセンター、映画館や美術館も売り上げを増やしています。

映画館だけでなくストリーミングサービスも消費者の支持を受けており、調査会社ニールセンの調査によれば、40%のアメリカ人が、NetflixやHulu、Amazonのストリーミングサービスに加入しています。

住宅もまた、市況が回復しています。リフォームが住宅の価値を高めることをアメリカ人は理解していますので、リフォームやリノベーションも積極的に行うようになっています。

この結果、住宅価格も上がっているのですが、それにともなって賃貸するときの家賃もあがっています。2009年から比較して、現在は、家賃が平均で15%も上がっています。

自動車市場も好調になっています。

若干消費の傾向が変わったとはいえ、アメリカは内需も好調のようですね。しばらく、アメリカ1強の経済は続くのではないでしょうか。

AD

関連記事

playboy3

洋雑誌”PlayBoy”(プレイボーイ)をアマゾンより安く買う方法

世界中の男性から愛されている洋雑誌"Playboy"。この手の雑誌が大好きな方もいるでしょう。

記事を読む

15598135344_c08eb1275e_z

2015年CESで発表された、クールで手頃な価格のおすすめ新ガジェット10個

CES、Consumer Electronics Showはラスベガスで開催されていましたが、そこに

記事を読む

14280852887_2fee5acbcb_z

アメリカ在住者にも、Amazonやebay輸入で転売やせどりする人にも。安く買い物するために現金還元サイトのミスターリベーツを利用しよう

いつの間にか1ドル125円を突破してしまいましたね。 留学や駐在などでアメリカで生活されている

記事を読む

slam3

洋雑誌”SLAM”(スラム)を電子版でアマゾンより安く買う方法

スラムは、アメリカのバスケットボールの雑誌です。 しかし、アマゾンで買うと、値段は1冊、183

記事を読む

NG1

洋雑誌‘”National Geographic”(ナショナルジオグラフィック)を電子版でアマゾンより安く買う方法

ナショナルジオグラフィックは、日本ではナショジオと短縮されて呼ばれることも多い、科学雑誌です。世界的

記事を読む

christmas

2015年アメリカのクリスマスセールの季節開始。キャッシュバックサイトebatesは現金還元率がいつもの2倍

アメリカやヨーロッパ諸国ではブラックフライデーというセールが始まりました。気が付けば今年の11月も終

記事を読む

4677302935_7c1c3c61a9_z

アメリカ自動車市場で、最も人気のないクルマ(2015年版)

アメリカには、独立的な視点で商品を評価するコンシューマーレポートという長く続いた雑誌があります。

記事を読む

crowdsourcing

クラウドワークスやランサーズで外注した英語翻訳(英訳)や英作文(英文)の英文法チェックを安く費用を抑える方法

海外にネットで販売する越境ECや、観光に関する日本の情報の英訳、ゲームやアプリの海外販売をするという

記事を読む

4536509717_ab4dfe3373_z

アメリカでストアブランドのクレジットカードを作るべきか

日本でもイオンカードとか高島屋カードとか三越カードとか、デパートやスーパーが発行するクレジットカード

記事を読む

timmy-arcade

スターウォーズ、スタートレック、バットマン関連グッズを買うならTHINKGEEK

日本でもファンが多い、スターウォーズ、スタートレック、バットマン。関連グッズを集めているコレクターも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP ↑